さひめ野の物語|島根県三瓶山の麓のリゾートホテル 四季の宿 さひめ野さひめ野の物語|島根県三瓶山の麓のリゾートホテル 四季の宿 さひめ野

神に拓かれし 聖なる土地「出雲国」 風土記に紡がれし ひとつの物語神に拓かれし 聖なる土地「出雲国」 風土記に紡がれし ひとつの物語

神話の息づく山「三瓶山」

多彩な自然美で知られる景勝地「三瓶山」。
「出雲国風土記」によれば、三瓶山は古名を「佐比賣山(さひめやま)」といい、
出雲の国誕生の舞台として古代より崇められてきました。
ここでは三瓶エリアのシンボル「三瓶山」にまつわる
一つの物語をご紹介いたします。

国引き神話と三瓶山

今から1300年ほど昔の天平時代、時の朝廷は全国の産物や地名の由来、
風俗などを調査するため、全国各地に風土記の作成を命じました。
中でも「出雲国風土記」は、唯一ほぼ完全な姿で写し伝えられ、
冒頭には壮大なる国土創生物語「国引き神話」が残されています。
そこに登場するのが「佐比賣山(さひめやま)」こと「三瓶山」です。

出雲国の開拓

昔々、出雲の国ができたばかりの頃、創造神八束水臣津野命(ヤツカミズオミツノミコト)は出雲の国を見渡し、「出雲の国は、幅の狭い布のように小さな国だ。どこかの国を縫いつけ、大きくしよう」とお思いになりました。

どこかに余った土地はないかと海の向こうを眺めると、新羅(現在の朝鮮半島南東部)に余った土地がありました。そこで、ミコトは大きな鍬をぐさりと打ち込み、魚の身を裂いて切り分けるように新羅の土地を切り離しました。 -1- 1

神代の大事業「国引き」

そして三つ寄りにした丈夫な綱をかけ、霜枯れたつづらをたぐり寄せるように、「国来、国来(くにこ、くにこ)」と言いながら力一杯引き寄せると、川船がそろりそろりと動くようにゆっくりと動き、出雲の国にくっつきました。

こうして縫い付けた国が、杵築のみさき(出雲市小津町から日御碕まで)になりました。
そして、綱をかけた杭が佐毘売山(さひめやま、現在の三瓶山)で、綱は薗の長浜(稲佐の浜から長浜にかけての砂丘海岸)になりました。 -2- 2

国引き神話の舞台

その後も、ミコトは北方の国を引き寄せてつなぎ、最後に高志の国から引っ張ってきた国が三穂の埼(松江市美保関町)になりました。この時、ミコトが引き寄せた綱をかけた杭が火神岳(鳥取県の大山)となり、引いた綱は夜見島(弓ヶ浜)になりました。

ミコトは国引き完成の証に「おゑ」と言われ、その際、杖で突いた場所が東出雲の「意宇の森(おうのもり)」になったと伝えられています。現在ミコトは長浜神社に祀られ、勝負事の神として、また国引きの綱から様々な縁を結ぶご縁の神として慕われています。 -3- 3

国引き神話ゆかりの地

  • 長浜神社

    住所 島根県出雲市西園町上長浜4258

    国引き神話の主人公 八束水臣津野命を祀り、開国の神、産業の神として、また国土を守護される産土神として崇め敬われてきました。綱引きの祖=スポーツの神、縁結びの神としても知られています。

    ここに行く 公式サイトへ

  • 佐毘売山(さひめやま)神社

    住所 島根県大田市大森町

    石見銀山龍源寺間歩近くの神社で、大国主命が農業の事始めを行ったこと、また、国引き神話の杭となったことから、新しくことを始める、あるいは縁を引き寄せる神としてのご利益があると言われています。

    ここに行く 公式サイトへ

  • 稲佐の浜

    住所 島根県出雲市大社町杵築北稲佐

    国引き神話に登場する綱「薗の長浜」で知られる砂丘海岸です。島根半島最西端にあり、日没の夕日が特に美しいと言われています。毎年旧暦10月の神在月には八百万の神々をお迎えする神事が執り行われます。

    ここに行く 公式サイトへ

さひめ野について

当館の名は「国引き神話」で八束水臣津野命(ヤツカミズオミツノノミコト)が
綱をかけた山「佐毘売山(さひめやま)」にちなんで名付けられました。
手つかずの自然が残り、四季折々美しい姿を見せる三瓶山。
壮大な自然の神秘を体感しに、ぜひお越しください。

ご利用シーン別おすすめプラン

【ベストレート保証】

ご予約は公式HPが一番お得です。

  • 定番プラン
  • 期間限定プラン
  • 記念日プラン
  • 早期割引プラン

プラン一覧を見る

ページトップへ